ベジ議連への要望書提出 Submission of Request Letter to Japan “Veggy Council”

Representatives from Groups and Industry meet with Politicians to ask that Plant-Based Initiatives be included in COVID ” Green Recovery” measures

東京ヴィーガンミートアップのオーガナイザー達は、7月7日に永田町で行われた「ベジタリアン/ヴィーガン関連制度推進のための議員連盟(以下、ベジ議連)」関連の懇談に参加しました。会合にはグリーンピース・ジャパンミートフリーマンデー・オールジャパン(MFMAJ)、日本の食料産業の代表が参加しました。

Tokyo Vegan Meetup organizers joined representatives from Greenpeace Japan, Meat Free Monday All Japan (MFMAJ), and the Japanese food industry, at a meeting at the Central Japan Government in Nagatacho on July 7th. 

Norio Kojo, of Meat Free Monday All Japan, hands the request letter to Takeo Kawamura, Chair of the Veggy Council

今回の懇談の目的は、ベジ議連の先生方に、新型コロナウイルスにより深刻な影響を受けているヴィーガン/ベジタリアンの食料産業の支援と、アフターコロナの経済復興策を気候変動対策に沿った形で行う「グリーンリカバリー」政策の「菜食やレスミート(less meat)」を取り入れた形での推進の要望書を提出することでした。要望書はミートフリーマンデー・オールジャパン(MFMAJ)とグリーンピース・ジャパンによる連名、ヴィーガン/ベジタリアン関連の団体や個人が賛同したもので、日本語の下に英訳(非公式)もあります。

The purpose of the meeting was to submit a request letter to the leaders of the Veggy Council asking that they: 

1. Take action to support the plant-based food industry, which has been especially hard hit by a severe drop in tourism. 

2. Petition for any post-COVID-19 “green recovery” measures to include plant-based foods. The official letter was authored by MFMAJ and Greenpeace Japan and co-signed by a number of organizations and individuals. ( English (unofficial) translation follows Japanese below.)

Official letter
Signatories

Translation

会合では、10年以上ヴィーガンレストランを運営するアインソフの白井オーナーとT’sレストランの下川オーナー、(株)ニッコクトラストの塚平部長が、コロナ禍の観光客激減による窮状と、これまで積み上げてきたヴィーガン業界やヴィーガン料理の知見を守るためにも営業を続ける努力について共有しました。

At the meeting, owners of long-standing vegan restaurants Yuki Shirai (Ain Soph), and Masako Shimokawa (T’s Restaurant), as well as Mr Takahiro Tsukahira, the director of  Nikkoku Trust Inc shared stories of the hardships they have been facing due to a massive reduction in the number of tourists since the COVID-19 outbreak. They also talked about their efforts to continue their businesses in order to protect the vegan industry and accumulated knowledge of vegan cuisine. 

河村会長は要望書に理解を示し、「他の議員とも内容を共有しつつ、また関係機関とも調整しつつ、ベジ議連としてできる限りの支援を行っていきたい」と述べました。松原事務局長も状況を真摯に受け止め、グリーンリカバリー政策の一環として菜食/レス・ミートを推進している海外事例等についての質問もされました。今回の懇談を受け、海外を含むヴィーガン関連の事例をデータと共にわかりやすく伝えることの大切さを再確認したので、東京ヴィーガンミートアップは今後も一層尽力していきます。

Takeo Kawamura (Chairman) expressed his understanding of and support for the request submitted saying, “I will share today’s information with other politicians and related organizations”. Jin Matsubara MP also showed his understanding of the requests and asked if there were case studies from overseas policies that included plant-based foods/ less-meat initiatives in “green recovery” measures.  We were reminded, once more, of the importance of communicating global vegan-related case studies clearly, with data. We will continue to expand our efforts to do so in the future. 

Chariman Takeo Kawamura expressed his understanding of the request

Jin Matsubara MP asked about overseas policies

ベジ議連とは元官房長官の河村建夫衆議院議員を会長とした超党派の議員連盟で、ヴィーガン/ベジタリアン関連の団体も参加しています。ベジ議連は、食の多様化が求められる中でのインバウンド観光客等へのヴィーガン/ベジタリアンの対応について議論するため、2019年11月に発足しました。

The Veggy Council, chaired by  Takeo Kawamura, former Chief Cabinet Secretary, is a working group made up of politicians and representatives from various vegan/ vegetarian related groups. It was formed in November 2019 to address the lack of vegan/ vegetarian options for inbound tourists and the increasing need for food diversity. 

The Veggy Council Inaugural meeting in November 2019 received a lot of coverage in the mainstream Japanese Media
Veggy Council Second Meeting 2019

(English)

http://www.asahi.com/ajw/articles/AJ201911050062.html?fbclid=IwAR3uk6JKOMto0ymy5tkYgBHZF4H3ng5vh-k0X_-kvGzy5PGL2T3hVQhECM8


(日本語 )

https://www.tv-tokyo.co.jp/news/original/2019/11/06/007223.html?fbclid=IwAR02uqXjEgL5NkBRr95NT2p_TI4g5-toWlfFopfXRciOQT5oo0UYVRcUSxU

https://www.asahi.com/articles/ASMBZ525LMBZUHBI01Y.html

https://mainichi.jp/articles/20191106/k00/00m/010/342000c

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019110600945&g=pol&fbclid=IwAR2QinW3fS3oBZDgfzRs6dSJXelRLVZoxkRs2L_PJ2hShYpd-4I7Y6Tv3ZY

https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20191224/pol/00m/010/006000c?fbclid=IwAR26gViO1xwaT-hpS_4D2URpOG7B-ci99TJQXEzohRRPr2rKXkXmndoLOwE

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO56469950W0A300C2L83000?fbclid=IwAR2vdTyAMBYzEvSF_aqt2lS_4VWZ-iCIWb957MlxcBvKuaSDLzspsvKAlv4

Related Post

黒人の命は大事 - パスカルからのメッセージ Black Lives Matter – A Message from Pascal Rosier黒人の命は大事 - パスカルからのメッセージ Black Lives Matter – A Message from Pascal Rosier

東京ヴィーガンは人種差別に断固反対です。この度は私たちもBLM運動に賛同し、献身的なメンバーのPascal Rosierによるエッセイをここに掲載します。 自身の体験と想いを語ってくれた執筆者のPascal、ならびに翻訳者のKano Sekineに感謝します At Tokyo Vegan, we stand against racism, and with the Black Lives Matter movement. As part of our commitment to Black Lives Matter, we would like

横浜市立南高校でヴィーガニズムとSDGsについて講演 SDGs & Vegan -Talk at Yokohama Municipal Minami High School横浜市立南高校でヴィーガニズムとSDGsについて講演 SDGs & Vegan -Talk at Yokohama Municipal Minami High School

Scroll Down for English 横浜市立南高校でヴィーガニズムとSDGsについて講演 Nada Mckechnie、Tokyo Vegan Meetupオーガナイザー Kano Sekine訳 7月2日、横浜市立南高校の「総合的な探究の時間」の授業で、約200人の1年生にヴィーガニズムとSDGs(国連の持続可能な開発目標)について講演する機会をいただきました。 東京ヴィーガンのミートアップ活動、ヴィーガンとは何か、ヴィーガニズムの国際的傾向、動物の生活と死、畜産が環境と人々の健康に与える影響、そして、植物ベースの食事への移行でSDGの目標を達成し、将来のパンデミックおよび抗生物質が効かなくなるリスクを低減できることを取り上げました。 高校生にヴィーガニズムについて話すのは初めてで少し不安でしたが、生徒の皆さんはとても親切で、注意深く耳を傾けてくれました。講演後に栄養などの事柄について本当に良い質問をくれた生徒さんもいて、植物由来の食事へ移行する第一歩を踏み出したようです。また、先生の一人がヴィーガンになると決めたそうです! 皆さんから良い質問を受け、「ヴィーガンスターターキット」の必要性を改めて感じたので、できるだけ早く作ります。 横浜市立南高校のすばらしい生徒の皆さん、校長先生、素敵なスタッフの皆さん、温かい歓迎に心より感謝申し上げます。また、イベントをまとめてくれたHiruta先生、本当に感謝しています! Talk on Vegan & SDGs at Yokohama Municipal Minami High School on July (