黒人の命は大事 - パスカルからのメッセージ Black Lives Matter – A Message from Pascal Rosier

東京ヴィーガンは人種差別に断固反対です。この度は私たちもBLM運動に賛同し、献身的なメンバーのPascal Rosierによるエッセイをここに掲載します。 自身の体験と想いを語ってくれた執筆者のPascal、ならびに翻訳者のKano Sekineに感謝します

At Tokyo Vegan, we stand against racism, and with the Black Lives Matter movement. As part of our commitment to Black Lives Matter, we would like to share this essay written for us by a member of our community Pascal Rosier. Thank you, Pascal, for sharing your experiences and thoughts. Translation by Kano Sekine.

“To my friends in Japan and all over the world, vegans, non-vegans, of any so-called races and colors (although races do not exist), all I am about to write are my own opinions, based out of my own experiences and reflections, but I am sure they also reflect what is happening inside many of us. The truth is, no matter the disparities, the cosmetic differences, we are all connected, races do not exist. It’s just perception. We all have much more in common than we have differences; that’s the truth.

“日本、そして世界中の友人へ。ヴィーガン、ノンヴィーガン、すべての「人種」の人を含めて(人種は存在しませんが)。ここに書くことは、すべて私の経験と内省をもとにした意見ですが、私たちの多くが現在、心の中で感じていることも反映されているでしょう。

I am vegan, and I am black. I don’t really like to define myself that way or in any other way. I think that as humans, we are much more than any verbal description or definition. Africa is prevalent in my ancestry, but my ancestors are also European, Indian, and Native Americans from the Caribbean. But I have to accept that many will perceive me in a certain way just because of my appearance, especially in the light of recent events. It is natural and human to do so.

私はヴィーガンで黒人です。本当はこんな風に、また他のどんな方法でも自分を定義するのは気が引けます。人間とは言葉で説明や定義ができる存在以上のものです。私のルーツは主としてアフリカですが、祖先にはヨーロッパ人、インド人、カリブ地域のネイティブアメリカンもいます。 しかし、最近の出来事の影響で、私の外見から多くの人が同じように私を見るので、それを受け入れる必要を感じています。 人がそうするのは自然で人間的なことではあるのですが。

Most recently and against my nature, I have found myself with anger, especially after I saw troubling images and videos on social media. I don’t understand violence. I never did, but today, I’ll try to refrain from anger. I was born in Germany from black, Afro-Caribbean parents, I’m black.  For some reason I never knew, I always cultivated a profound love for animals and nature. I was incapable of violence.  I still remember as a child, the pain that the death of an ant provoked on me, the tears and sadness.

 最近、特にソーシャルメディアで煩わしいイメージやビデオを見て、私の性格にそぐわず怒りを感じました。 暴力は理解できません。 今まで理解できたことはありませんが、今日は怒りを抑えます。 私はドイツ生まれで、両親は黒人のアフリカ系カリブ人です。私も黒人です。不思議と常に動物と自然への深い愛を持っていて、暴力が許せない子供でした。まだ小さかったころ、一匹のアリの死に遭遇し、それが私に引き起こした痛み、涙と悲しみを未だに覚えています。

Trier in Germany, where I was born, was once part of the Roman empire. My father would take me to the ancient Roman arena where I could see lizards and other creatures that fascinated me on the walls. He also would take me to the backyard of parks to see wild boars, deer, bears, and lynxes. Sometimes, I would bring animals back home, particularly those that were injured, a habit I took from my parents who once saved an owl whose wing had hit our car’s rear window during her flight.

私が生まれたドイツのトリーアはかつてローマ帝国の一部で、父は私を古代ローマの円形競技場によく連れ出しました。そこの壁にトカゲや他の生き物を見つけては魅了されました。 また、父と私はイノシシ、シカ、クマ、オオヤマネコなどを見るために公園の裏庭に行きました。 私は時々、怪我をした動物を家に連れ帰りました。あるとき両親が車のリアウィンドウに翼が当たってケガしたフクロウを救い、彼らから学んだ習慣です。

I later moved to another town, Freiburg, a city surrounded by the black forest. Most of the time, I would spend alone, wandering in the forest, observing wild creatures, and the magical change of seasons. Salamanders, hedgehogs, rabbits, birds of all sorts, insects, snails, snakes, and frogs were there. I would just look for them like a hunter would but without the intention of harming any of them.

のちに“黒い森”に囲まれたフライブルクという町に引っ越しました。 ほとんどの時間を一人で過ごし、森の中をさまよって野生生物や、魔法のような季節の変化を観察しました。 サンショウウオ、ハリネズミ、ウサギ、あらゆる種類の鳥、虫、カタツムリ、ヘビ、カエルがいて、私はハンターのように生物を探しましたが、傷つけることはありませんでした。

I once saved a baby crow who had fallen on the ground from its nest. I knew she was destined to die without her parents. I took her and gave her shelter. She did not know yet how to fly so I trained her. I fed her. She would start to crow loudly at my house at the sound of my school bus. Once I would enter my room, she would stop crowing. As I was giving her the food I would prepare hastily, she would widely open and flap her wings joyfully. After the summer and many crashes from the window of my room on the second floor, she flew away and never came back. She did not thank me; she did not need to because her very presence in my life was a blessing, I was to thank her. I rescued other animals so much that I could have opened a shelter, but the goal for me was mostly to have their presence near me, their reassuring and peaceful presence.

ある時、巣から落ちたカラスのヒナを救いました。ヒナは親なしでは死ぬ運命にあると悟った私は、連れて帰ってシェルターを拵えました。飛ぶ方法を訓練し、食べ物を与えました。そのうちカラスは、私の乗ったスクールバスの音を聴くやいなや大声で鳴き始め、私が部屋に入ると鳴き止むようになりました。私から食べ物をもらうときは、急いで翼を開き、喜んで羽ばたかせていました。夏が終わり、カラスは2階の部屋の窓に何度も体当たりを繰り返し、やがて飛び去って二度と戻って来ませんでした。カラスは私に感謝などしませんでした。そのカラスの存在は私にとって祝福だったので、私が感謝する側でした。カラスがそうする必要はありません。その後も避難所の設立ができるほど、たくさんの動物を救出しましたが、私の目標は、生物に安全と平和をもたらし、見守りたいというものでした。

As I grew up, I would understand, the human world was not as gentle as nature and one single factor would be the driver of my life, the color of my skin. I was raised in love. But before I even remembered, I would start to experience the natural ability of humans to offend, assault, verbally, or physically, people who were different. German children were the most aggressive and violent. For me and my brother as a kid, going to a German kindergarten was practically equal to going to hell. German kids would systematically target me and my brother by pulling our hair, hitting us, kicking us, or trying to scratch our skin. Where did this vehemence come from, their parents? Many times in Germany, children would stop their bikes to insult us, “dirty niggers” and all sorts of equivalents. One day at a park, two children almost killed me by pushing me in a frozen lake, the thin ice broke, I fell under the ice but was saved by a man passing by. My mother went to their mother, but instead of scolding her kids, she insulted my mother. One day at the swimming pool in Germany, a boy started to punch me in the face with his father behind him. His father was teaching him to hurt a black child, just like a father would teach his son how to hunt. I could not respond. I was inherently non-violent. I knew not force.

私は成長するにつれ、人間の世界は自然ほど穏やかなものではないと感じるようになり、その一つの要因は私の人生の原動力でもある私の肌の色であると理解しました。私は愛を注がれて育ちました。しかし、記憶にある前から、人が他人を言葉や身体的暴力で怒らせたり、攻撃したりすることを体験していたのでしょう。ドイツの子供たちはとても攻撃的で暴力的でした。私と兄弟にとって、幼稚園は地獄でした。子供たちは、私たち兄弟を組織的にターゲットにして、髪を引っ張ったり、殴ったり、蹴ったり、皮膚を引っ掻こうとさえしました。彼らの激しさの発端は何でしょう?彼らの両親でしょうか?子供たちはよく自転車を止めて、私たち兄弟を「汚いニガー」などあらゆる言葉で侮辱しました。ある日、私は2人の子供に公園の凍った湖に落とされ、あやうく殺されるところでした。湖に張った薄い氷が壊れ、水中に落ちた私は通りがかりの男性に助けられました。私の母は、加害者の母親の家を訪ねましたが、その母親は自分の子を叱るかわりに私の母を侮辱しました。また別の日、プールで会った少年が、彼の父親が後ろにいるのにも関わらず私の顔を殴り始めたのです。その父親は息子に狩りの仕方を教えるように、黒人の子供を傷つけることを説いていました。私は何も返せませんでした。私は本質的に非暴力的で、他者に何も強いませんでした。

I went to a French school in Germany. I don’t remember everything clearly. I know we were still targeted by other children, and the color of my skin would always be a subject of attention. I would also run after children who were ganging up to kick my little brother. As soon as they saw me approaching, they would disperse like a pack of roaches. I was happy because I was defending my brothers. However, I wasn’t a strong kid, I did not even like sports. A few times, I stumbled upon a kid much older, and stronger than me. Twice, they sent me to the hospital.

As a black kid, there were more reasons to chase me, to try to hurt me, because I was black. So I had to learn, to become stronger physically, and I would.

そののち、フランス系の学校に通いました。すべてをはっきり覚えていませんが、私たちはまだ他の子供たちの標的にされていて、肌の色は常に注目の的でした。 私は弟を蹴ろうと団結していた子供たちを追い散らしました。 彼らは私が近づいているのを見るとすぐにゴキブリの群れのように分散しました。 兄弟を守れて嬉しかったですが、私は強い子供ではなく、スポーツさえ好きではありませんでした。私よりずっと年上で強い子供たちに何度か遭遇し、私は2度、病院送りにされました。黒人ゆえ、追いかけられたり傷つけられたりする理由は他にもあったため、私は学び、肉体的に強くなる必要を感じて励みました。

There are too many stories for me to tell everything here, maybe I can save them for a book. Returning to my story, things would not improve as I got older. I would see my loved ones or other people like me insulted or belittled,. I saw skinheads, neo-nazis, and young lost people who chose hate as a solution for their frustration. I saw black friends beaten up like shit in front of my eyes for defending themselves without being able to do anything against it. “Nigger! You’re a Nigger!” would yell the big kid while destroying my comrade before they were separated by a soldier walking his dog.

ここですべての出来事を伝えきることはできませんので、いつか本にでも書きます。さて、私が成長しても物事は改善されませんでした。愛する人や私と同じ立場の人々が、侮辱され軽蔑されるのを見続けてきました。人種至上主義者のスキンヘッド、ネオナチ、欲求不満の解決策として人を憎む堕落した若者たちを目にしてきました。黒人の友が自分自身を守ろうとしたために、何もできず畜生のように殴られていました。その体ばかり大きな奴は、私の友を滅多打ちにし、「ニガー! お前はニガーだ」と怒鳴っていました。暴行は犬を伴った兵士が2人を引き離すまで続きました。

I remember teachers at school telling me racist jokes and saying other racist things to me, things making it look like I was slower or a cheater, belittling me for no reason. If I remembered their name and I knew where they were, I would send them a letter to remind them of the jokes. I don’t have the time and energy right now, though. However, I would tell them they should be ashamed, ashamed to be called teachers…

学校の教師ですら、私に人種差別的な冗談や、人種に関わることを言っていたのを覚えています。もし彼らの名前を思い出し、どこにいるか分かれば、ジョークを思い出させる手紙を送ります。今、そんな時間とエネルギーはないですが、彼らが教師でありながらそんな行動を取ったこと、それでも教師と呼ばれていることを恥ずべきだと伝えるでしょう。

I loved to learn. My parents never forced me to do my homework. I loved poetry and I would spend time alone, writing simple and bad lines. I still have good memories of my school days. I also have memories of terror when my black body was threatened, when I had to run because I was black.

私は学ぶのが大好きでした。両親は決して宿題を強要しなかったので、詩が大好きだった私は、優れているとは言えない数行のシンプルな詩を書きながら一人で過ごしました。黒人ゆえ肉体に危険が迫ったときや、逃げなければならなかったときなど、恐怖の思い出が尽きませんが、こういう学生時代の良い思い出もあるのです。

Later on, I would enter the race of the adult society, where all I had experienced as a child would materialize into a much more powerful system. I would learn that I was not alone, but surrounded by denial. Most blacks I knew would fail, unable to accomplish their innate dreams, kings and queens giving up on gifts in order to live a life of survival without sense of purpose, a life of threats, harassment, surveillance, and fear.

その後、私は大人として社会の競争に参加します。そこでは子供の頃に経験したすべてが、はるかに強力なシステムによって具体化されていました。私は一人ではなく、否定に囲まれていることを学びます。黒人の知人の多くが打ち負かされ、生き残りを最優先に、意義を失った人生を送っています。彼らは、脅迫・嫌がらせ・監視・恐怖のない人生を生きるために本来の夢や才能を手放さざるを得ず、自らの人生に君臨することができないのです。

Not a school, not a university, not a public office, not a company, no place has been and would be safe to me. The only safe place I had experienced in my life was the short amount of time I stayed home in the Caribbean, surrounded by people like me. And for the first time in my life, I felt a strong sense of peace and kindness. Not to say the Caribbean has no history of violence and racial hate, quite the contrary, but as a child and as a young adult, it was nothing, nothing compared to the aggressiveness that I had encountered up to then. Nevertheless, my own people at Home in the Caribbean saw me as a stranger, they were not ready to accept me because I was different, even if I knew the codes and the language. They did not understand why I would never want to leave, they were fascinated by Europe and the old continent.

学校、大学、公職、会社。どこも私にとって安全ではありませんでした。人生で唯一、安らぎを感じたのは、カリブ海で同胞に囲まれ、家で過ごした短い期間でした。初めて、心から平和と優しさを感じました。カリブ地域に暴力や人種的憎悪の歴史がないという意味ではありませんが、子供の頃や大人になりたての頃と、それまで遭遇した暴力に比べれば、何でもありませんでした。ところが、同居の同胞たちは私をよそ者として扱いました。たとえ共通のコードや言語を知っていても、私を異質とし、受け入れる準備ができていませんでした。彼らはヨーロッパと古い大陸に魅了されていたので、私が帰りたくない理由を決して理解してくれませんでした。

Fast forward, and the day came when I was able to accomplish my dream, to live in Japan. Unfortunately, in 2001, I would fall prey to a group of six young Japanese gangsters in Tokyo. They would beat me with the intention to kill me. I remember their insults in Japanese and broken English, “nigger!” They were hurting a black man. They wanted to kill a black man. For them, I was a symbol. I was not lucky. But I lived. I escaped and went to the Japanese police. The police treated me with suspicion, and they dismissed me. I had teeth broken, bones were bruised and my face was swollen. They tried to kill me; they would not stop. I had to escape like prey. I was prey, hunted. I understood at that moment the psychology of a hunted animal.  As a child, I had escaped racist mobs a few times. It remained with me, the friends I saw getting beaten up in front of my eyes or the face of my cousin after skinheads caught him on his bike in the streets of Strassburg. They were mobsters. How old are they now? Where are they now? I would want to know about their beautiful lives of struggle. Everybody is a star.

さらに時は進み、日本に住む夢は達成できました。しかし不幸にも、私は2001年に東京で6人の若い暴力団の餌食になったのです。彼らは私を殺すつもりで打ち負かしたのでしょう。日本語と片言の英語での侮辱が耳に残っています。「ニガー!」 黒人を傷つけ、黒人を殺したかったのです。私はシンボルにすぎませんでした。実に運が悪かったけれど、それでも生きていました。現場から逃れて警察にたどり着くと、警官は私を疑い、帰されました。歯が折れ、骨が打たれ、顔が腫れていました。奴らは私を殺そうとした。奴らはやめなかった。私は獲物のように逃げなければならなかった。私は獲物だった、狩られた。その瞬間、狩られた動物の心理を理解しました。 子供の頃、人種差別的な暴徒から何度も逃れました。目の前で殴られた友人や、ストラスブールの通りでスキンヘッドに自転車を止められ、捕まえられたいとこの顔が脳裏に浮かびました。彼ら暴徒は今何歳でどこにいるのか。彼らの苦悩の人生について知りたい。誰もが意味ある特別な存在です。

And yet, I felt no hate. The fear…, I did feel, for a few weeks. I would not want to go out and talk to anyone. I would just get along with life. Hear more insults, more nonsense, more hate, but I would also keep a heart filled with love, and appreciate my life.

その時も憎しみは感じませんでしたが、恐怖は数週間残り、外に出たり誰かと話したりする気にはなれませんでした。人生をやり過ごすしかなく、さらなる侮辱、無意味、憎しみを味わっても、愛に満ちた心を保ち、命に感謝しました。

One day I learned my youngest brother was dead and that was it. I lost the intention to live. In retrospect, I know why; he lived the life I lived, he was sensitive, he did not make it. Sometimes, I was wondering if I would make it. I loved him. He knew what I knew. He knew I knew, I knew he did. Black bodies die. In the past, hanging on trees for insubordination. My brother died too, other brothers live, with the scars. We all have scars. It’s the scars that make us human too; they help us understand more, grow, evolve, and love. Do we need the scars at all? I don’t know.

末の弟が死んだ知らせを受けたときは、さすがに生きる気力を失いました。今振り返れば理由が分かります。弟の人生は私と同等でしたが、彼は敏感でやり遂げられなかったのです。時々、私はやり遂げられるのだろうかと思います。私は弟を愛していました。弟は私が知っていることを知っていた。彼は私がそれを知っていることも知っていたでしょう。黒人が死ぬ。過去には、不服従のために木にぶら下げられました。私の弟も死に、他の兄弟は傷跡を携えて生きています。私たちは皆、傷を持っています。それは私たちを人間らしくする傷跡です。傷は私たちがより多くを理解し、成長し、進化し、愛するのに役立ちます。でも傷はそもそも必要なのかは分かりません。

When my brother died, my mother saved me. She forced me to come back to life, to stand up and live the life of a man. I was alone but a few friends would do everything to help me. I came back to Japan, thanks to a Japanese friend and my brother who gave me hope. We lived together. His mother would talk to me and give me strength, too. That is why I owe so much to Japan and Japanese people. Japan is the place that helped me to go back to life again.

弟が亡くなったとき、母が私を救ってくれました。母は私に生き返り、立ち上がり、人生を生きることを余儀なくしました。私は一人でしたが、数人の友が私を助けるため全力を尽くしてくれました。日本に戻ってきたのは、兄弟と日本人の友が希望をくれたからです。私はその友人の家族と一緒に住んでいました。彼の母親も私に話しかけて、力になってくれました。だからこそ、私は日本と日本人に多くの借りがあるのです。日本は私が生き返った場所です。

It’s in Japan that I would become whole again and reconcile my original self, my core with my daily life. Pushed to the edge, I would look for peace and  I reached the understanding that animals experience the same discriminations my people and I experience because we’re black, the understanding that sentience, the pain of suffering, is something we share with all the animals and that in this sense, the killing and exploitation of animals are unjust and the mark of a highly unequal society.

立ち直って、本来の自分と日常生活の中心を整えた場所は日本です。限界に追い込まれ、私は平和を求めました。そして、ある理解に達しました。動物は私たち黒人と同じように差別を受けていて、同じような目に合っている。苦痛の感覚は、すべての動物が共有するものだから、動物の殺害と搾取は不当であり、非常に不平等な社会にいる証である。そう理解しました。

Less than 100 years ago, my ancestors were still treated as slaves, even if slavery was abolished. I remember the stories of my great grandmother who experienced the remnants of slavery. She was black and beautiful. She was powerful. Like most of my ancestors, they feared the white man. I am the first generation of blacks who grew up in the white, European world.

奴隷制度が廃止されてから、まだ百年も経っていません。廃止後も私の祖先は奴隷として扱われました。奴隷制度の残骸を経験した曾祖母の話を覚えています。彼女は黒人で美しく、強い人でした。私のほかの先祖たちと同じように、白人を恐れていました。私は白人のヨーロッパ世界で育った黒人の第一世です。

Slavery was not taught at school. I remember it took 10 minutes for my history teacher to pass on the subject. Those 10 minutes were intense, they were the only 10 minutes of my history. I remember them clearly. Some people in my class looked at me. I was embarrassed. My ancestors were packed on slave ships, sold, traded, men and women selected for breeding, mothers separated from children, children abused, women raped at will, sometimes disposed of, killed, the same fate animals face nowadays. I realize slavery used to be accepted by almost everyone. It was normal; it was necessary. I remember an English language teacher who once said in our class that slavery happened because blacks used to sell blacks and that slavery saved them from obscurity. I remember her words, vaguely her face; she was not full of hate. She was just ignorant of the image of our world.

学校で奴隷制度は教えられませんでした。歴史の先生がこのテーマを話すのに使った時間はたった10分でした。しかしそれは私の歴史の中では最も激しい10分間で、はっきりと覚えています。クラスの何人かが私を見ました。私は恥ずかしく感じました。私の祖先は奴隷船に詰め込まれ、販売され、取引された。繁殖のために選ばれた男女、子供たちから分離された母親、虐待された子供たち、時には処分され、殺された。今日、同じような運命に動物が直面しています。今も奴隷制度がほとんどすべての人に受け入れられていると認識しています。「奴隷制は普通で、必要とされていました。」私の英語の教師は、黒人が黒人を売っていたから奴隷制が起こり、制度があいまいさから彼らを救ったと言いました。その言葉とぼんやりとした表情は憎しみに満ちてはいなかったので、彼女は私たちの世界のイメージをただ知らないだけでした。

I lived my life in denial, pressed by the priority of survival. The brain has this powerful capacity to remove what hinders progress, evolution to allow a life of normality. Creatures of the universe evolve through pain and suffering, they develop protective features against threats, the buffalo, the elephant, the mosquito, the cactus, the octopus, humans. We only become smarter, stronger, fit for survival.

生き延びるという優先順位に押され、否定される人生を受け入れていました。私たちの脳には、進歩を妨げるものを取り除く強い能力があり、まともな生活を送れるよう適応します。世界の生物は痛みと苦しみを通して進化し、様々な脅威、例えば水牛、ゾウ、蚊、サボテン、タコ、人間に対する防衛機能を発達させます。私たちは、より賢く、強く、生存に適した方向に進化します。

I know love. We are capable of beauty as much as destruction. However, it is easier to destroy than to create. Disasters destroy faster than nature regenerates itself.

私は愛が分かります。私たちは破壊もできますが、美しく生きることもできます。ただ、創造よりも破壊する方が簡単です。災害は自然が自らを再生するよりもずっと速いスピードで破壊するものです。

In the light of recent events, I have spoken with a few friends of mine, Black, and know that the death of George Floyd, Ahmaud Arbery, or Rayshard Brook took another psychological toll on many of us. My heart rioted when I saw people trying to belittle George Floyd because of his history. He was not perfect but did he deserve to die the way he did? Some people believe so. They also are victims of the powerful racist system they entertain. Systematically, when a black man dies, the world will look for justifications for his death. It happened with Tamir Rice, Michael Brown, Philando Castile, all of them. Some people said Rayshard Brook died because he was drunk and resisting the police when videos clearly show what a gentle man he was.

最近の出来事を踏まえ、私は黒人の友人と話をしました。ジョージ・フロイド、アフマド・オーブリー、レイシャード・ブルックらの死が、たくさんの同胞に今一度、心理的な被害をもたらしたと知りました。ジョージ・フロイドの経歴から彼を軽蔑する人々を目の当たりにしたとき、心がかき乱されました。彼は完璧な人間ではなかったが、あのような死に値したのだろうか?そう信じる人々もいます。そういう人々自身も、自分たちが受け入れている強固な人種差別システムの犠牲者なのです。黒人男性が死ねば、世間は体系的に死の正当性を探します。それはタミール・ライス、マイケル・ブラウン、フィランド・カスティーリャが死んだ、一連の事件後にも決まって起こりました。レイシャード・ブルックの件では、彼が穏やかな人であると映像が示しているのに、一部の人々は彼が酔っ払って警察に抵抗して死んだと言い張っています。

The same can be said of people trying to gaslight the Black Lives Matter movement with the “All lives matter” anthem. They have integrated the roots of racism as I did in a way, but their mind is conditioned to entertain the power of oppression. Ignorance prevails.

「All lives matter(すべての命が大切)」の賛歌で、Black Lives Matter(黒人の命も大切)運動をおかしいと思わせようとする人々にも同じことが当てはまります。彼らは私のように、人種のルーツに総合的な見方を持っていますが、彼らの心理は迫害の念を抱くよう条件づけられているのです。結局、無知がはびこっています。

At the same time, I feel this is a moment of reckoning. I was amazed to see people who aren’t black schooling other people on their ignorance. I saw people who aren’t black fight for us, for the first time in my life. People who would raise their voice with a vehemence I would never dream to have, conditioned to be docile, like a docile cow fit for slaughter thanks to her docility. For the first time, I have seen many of my black brothers ready to reject discrimination at all levels and protect themselves, their loved ones. More than ever before, I recognize the symptoms and manifestations of racism and discrimination.

しかし同時に今こそ、けじめをつける時期だと感じています。私は黒人以外の人々が無知な他人を啓蒙しているのに感嘆していますし、黒人ではない人々が私たちのために戦うのを初めて見ました。虐殺に適したおとなしい牛のごとく今まで黙っていた人々が、このように激しく声を上げるなんて、私は夢にも思いませんでした。生まれて初めて、私は黒人の同胞があらゆる度合いの差別を拒絶し、自分自身と愛する人を守る準備ができたと確信しました。私もこれまで以上に、人種差別を含む差別の現象を認識しています。

I know there will be resistance against us. And when I say us, I mean US humans who dare to face ignorance. I know there is a current of destruction, of brutality, that is protected by people who either benefit from such a system or grew up knowing nothing else. They hold guns in front of BLM peaceful protectors; they want to hunt and kill animals.

私たちに対する反発もあります。(ここでいう「私たち」とは、あえて自らの無知を認め、直視する米国の人を指します。)残忍な破壊行為の傾向もあります。それが生み出されるシステムから恩恵を受けている人々か、他に何も知らずに育った人々が、その傾向を引き継いでいるからです。こういう人々は平和的なBLMのデモ参加者の前で銃を掲げています。まさに彼らは狩りや動物殺しが好きなのです。

What happens at the moment is not about race. We already know all lives matter. That is why many of us are vegan because we value all lives. I know many people who say all lives matter are not racist, but using now can be hurtful for people who are trying to get their voices heard. At the same time, I don’t want to blame people who say that all lives matter because it’s true. But we just need to be mindful of the timing of saying and also why we’re saying it. Unfortunately, I have seen many people saying it in a reactive or defensive way. They are missing the point. Black Lives Matter is about oppression, not about having one so-called race favored over another.

今起きている事態は、人種にまつわることではありません。私たちはすべての命が重要であることをすでに理解しています。私たちの多くがヴィーガンなのは、すべての命が大切だからです。「すべての命が大切」と叫んでいる人のうち大部分は人種差別主義者ではないでしょう。しかしながら、今そう叫ぶことで、何とか声を出そうとしている人を傷つける可能性があります。また、すべての人生が重要というのは真実なので、私はそう言う人々を責めたくありません。しかし、それを言うタイミングと、なぜ言っているのかを念頭に置く必要があります。あいにく、多くの人々が反射的または自己防衛的にそう言っています。彼らは要点を逃しています。Black Lives Matterは抑圧への抵抗であって、1つの“人種”を別の“人種”より優先しようとしているのではありません。

My wish, and where I want my mind to direct its energy, is that as societies, more and more come to the realization that oppression applies to all of us. We are all victims of one form of oppression or another. The same is happening in the way we treat the animal world. Billions of land and sea animals are exploited, killed, and slaughtered to satisfy our demand, not our needs. This is accepted as a necessity just as the slave trade used to be once accepted by a vast majority of people.

社会全体でさらに多くの人が、私たち全員が抑圧されているという認識を持つことを私は望んでおり、そのために関心とエネルギーを注いでいます。皆、ある種の抑圧の犠牲者です。人間が生物に接する際にも同じことが起こっています。何十億もの陸上動物や海の動物が、私たちのニーズではなく、私たちの要求を満たすために搾取され、殺され、屠殺されています。これは、奴隷貿易がかつて大多数の人々によって受け入れられているのと同じように、必需品として受け入れられています。

What is happening is confusing, but I also know that after confusion comes clarity. I can already see more clearly, I can see the manifestations of racism and discrimination with more acuteness. And I also feel more empowered to denounce it where it is.

昨今、世界は混乱していますが、収束後には問題が浮き彫りになります。私は以前よりはっきり物事を見ることができるようになり、明らかな差別をより鋭い視点で観察しています。そして、差別がどこにあるのか非難する力を得たと感じます。

As an adult, I can’t remember how many fights I stopped in the streets, on the train, from London to Paris, Germany, and Tokyo. I have this natural impulse to stop the violence between fellow humans, or when it is directed at animals. I want to bear no grudge, no hate against anyone, but my mission is to protect, to defend, especially what is most precious and vulnerable in this world, this is my core.

大人になってから、ロンドンやパリ、東京、ドイツの都市の街角や電車の中で、何度けんかを止めたか思い出せません。私は暴力が人間同士や動物に向けられているとき、自然な衝動から止めに入ります。恨みや、誰かに対する憎しみに耐えたくはありません。私の使命は、この世界で最も尊く傷つきやすいものを守り、弁護することです。それが私の核となっています。

In the end, races do not exist. We are not just bodies, or brains. So who are we? Who am I? I am that which is writing and listening to these words right now. I am consciousness. I am you and all that exists. I have the ability to perceive and sense. Sensing and perceiving are knowing. I have the ability to know. That’s what consciousness is; that is who we are, what we all share, and what makes us ONE.

つまるところ、人種は存在しません。私たちは単なる体や脳ではありません。では、私たちは何なのでしょう? 私とは何?私は今、言葉を綴って聞いている存在です。私は意識なのです。私はあなたであり、存在するすべてです。私は知覚し、感じる能力を持っています。感じて受け取ることで知ることができます。私には知る能力があります。それが意識です。それが私たちそのもの、私たち全員が共有するものであり、私たちを一つにするものです。

I want the end of racism and discrimination and I want the end of animal exploitation. I wish to continue to fight for the voiceless.

人種差別とあらゆる差別、そして動物の搾取が無くなることを望みます。声なき者のために戦い続けたいと思います。

Peace to you, to all beings on the universe, to all of you who exist, even the haters, people, love, and unity.”

あなた、世界の全存在、憎しみを持つ人も含め存在する皆、人々、愛、団結―すべてに平和がもたらされますように。”

CREDITS: I would like to thank Nadia McKechnie and the Tokyo Vegan Meet-up group for the opportunity to express myself. I also would like to thank Colin Hueston, Ph.D. for proofreading and edits. (Follow him for inspiration at Kingdom style on Facebook) Feel free to reach me on Instagram @iampascalrosier @makaroots or @samuraivegan

謝辞: 掲載の機会をくれたナディア・マケックニーと東京ヴィーガンミートアップグループに感謝します。校正と編集のコリン・ヒューストン博士にも多大な感謝を表します。(フェイスブックのKingdom Styleで彼をフォローしインスピレーションを得てください。) 私へのご連絡はインスタグラム@iampascalrosier、 @makaroots、@samuraiveganまでお願いいたします”。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Related Post

PETAと東京ヴィーガンが贈る初のビジネス賞はIKEAの新ヴィーガンメニュー PETA x Tokyo Vegan give Ikea Japan a compassionate business award!PETAと東京ヴィーガンが贈る初のビジネス賞はIKEAの新ヴィーガンメニュー PETA x Tokyo Vegan give Ikea Japan a compassionate business award!

東京—コンパッショネイト・ビジネス賞(思いやりビジネス賞)が、People for the Ethical Treatment of Animals(PETA)とTokyoVeganからイケアジャパンへ贈られます。ヴィーガンのプラントカツカレー(サクサクの大豆ミートカツ、ヴィーガンソース添え)、様々な野菜を使ったヴィーガンのロールキャベツやラザニア、チョコレートムースがレストランのメニューに追加され、10月1日にはスウェーデン風ミートボールのプラントボールが登場予定です。イケアビストロでは、プラントベースソフトアイス(ストロベリー味)の提供がすでに始まっています。 Tokyo — A Compassionate Business Award is on its way from People for the Ethical Treatment of Animals (PETA) and Tokyo Vegan to

海外の菜食推進政策 – ベジ議連松原議員との懇談(7/28) Global Plant-Based Policies – Tokyo Vegan Meeting with Matsubara MP (7/28)海外の菜食推進政策 – ベジ議連松原議員との懇談(7/28) Global Plant-Based Policies – Tokyo Vegan Meeting with Matsubara MP (7/28)

7月28日に、東京ヴィーガンのナディア・マケックニーと岩本ゆかりは、ミートフリーマンデー・オールジャパンの小城徳勇さんと共にベジ議連発起人の内の1人である松原仁衆議院議員と懇談をしました。今回の目的は、前回の懇談での松原議員の質問、特に海外政府の菜食関連の政策について詳しく説明することでした。 On July 28, Tokyo Vegan organizers (Nadia Mckechnie and Yukari Iwamoto) along with Norio Kojo of Meat Free Monday All Japan met with Matsubara MP, one of the founders